img_02

フランチャイズの開業に関する落とし穴

業界に関する知識や経営ノウハウを持っていなくても簡単に開業できるのがフランチャイズのメリットになりますが、落とし穴とも言える失敗例が多いことも特徴の一つとなっている現状があります。

気軽に開業することができるため、深く検討しないままにフランチャイズに手を出してしまうことが原因になっていますが、契約する前にしっかりと内容を理解しておくことが必要だと言えます。



フランチャイズの落とし穴と言えば、運営方法への理解度が無かったという点があります。出店地の確保から開業までを本部主導で行うのが一般的ですが、飲食関係やコンビニエンスストアの場合では運営方法も本部主導で行われるのが普通です。

自分が考えたオリジナリティ溢れる工夫を盛り込むことは全くできず、仕入れや価格設定に至るまで自由度が無いという点に後悔することも多いと言えます。




フランチャイズで開業するには、初期投資とロイヤリティの関係も重要な部分となります。



初期投資に高額なコストが掛かる場合でも、ロイヤリティが低ければ初期投資の回収を進めやすくなりますが、初期投資が低い場合には高額なロイヤリティが発生する場合もあるのです。



初期投資とロイヤリティの関係には本部の運営方法によって異なる部分になりますので、契約前にじっくりと検討してから判断することが大切だと言えます。

フランチャイズの落とし穴に関しては、インターネットを駆使すれば成功例や失敗例を知ることが可能ですから、十分に検討したうえで開業することが重要になってくると言えます。